三郷市ボランティアセンター

ボランティアセンターレポート

地域レポート 〜子どもたちの笑顔が楽しみです♪〜


人形劇サークル「ぽぺっと」の活動から
11月24日(水)たちばな保育所で、人形劇サークル「ぽぺっと」が絵本の読みきかせ、人形劇などをしました。
人形劇サークル「ぽぺっと」は、活字離れをしている子どもたちに人形劇を通して本に親しみ、子どもたちの文化と心を豊かにすることを目的に活動している団体です。
今回の人形劇は、「三枚のお札」というお話でした。
ストーリーはお寺を出て行く小僧が和尚さんからもらった三枚のお札のおかげで、山姥に食べられそうになったところ間一髪で助かり、無事お寺に戻るというものです。小僧が山姥に追いかけられる場面では、子どもたちも一緒にドキドキハラハラし、「(山姥が)うしろにいるー!」「早く逃げろー!」と大きな声で小僧を応援していました。
   
絵本の読み聞かせでは、実物の絵本を大きく拡大したものを舞台で披露しました。子どもたちは、大きな絵本に釘付けになり、「どんなお話なんだろう」と目を輝かせながら見ていました。
   
終了後、子どもたちは「おもしろかった」「楽しかった」と話し、登場人物の人形たちとうれしそうに握手をしていました。



◇ボランティアセンターレポートのトップへ