三郷市ボランティアセンター

ボランティアセンターレポート

楽しく働いています!

○特定非営利活動法人「コンパスの会」○

「コンパスの会」ってなんですか?
特定非営利活動法人「コンパスの会」は、障害のある人もない人も共に働き、共に生きていく地域社会の実現に努めること、また障害のある人が共同して社会生活や自分の人生の自己決定を支援していくことを目的に設立されました。
パン作り中。
今日は、レーズンシュガーパンとチーズパンを作ります。
知的障害者デイケア施設 「コンパス」
「コンパスの会」の目的を実現するための手段の一つとして、知的障害者デイケア施設「コンパス」を、昨年7月に開所しました。
「コンパス」は、一般の事業所などで働くことが困難な満15歳以上で知的障害のあるかたが通っています。
現在、8人の所員(「コンパス」では、利用者のことを所員と呼んでいます)と3人の職員で、パン作りや畑作業など様々な活動を行なっています。

できあがりました!
「おいしそう…!!」香ばしいにおいが部屋に充満します。
パン作り がんばってます!
今回は、活動のひとつであるパンづくりの現場に取材してきました。
現場では、所員、親、職員のかたがたが真剣に、そして楽しそうにパンを作っていました。
「コンパス」職員 山崎さんより
「コンパス」で大切にしていることは、”地域とのかかわり”です。所員が地域の一員として生活できるように、また地域のかたがたが「コンパス」に親しんでもらえるようにしていきたいと思っています。そのため、パン販売などを通じて地域とのかかわりをつくるようにしています。
「コンパス」は、”働く”ことを目的としている施設なので、毎月所員にお給料がでます。所員のなかには、収入を得ることで働くことの意味を知る人もいます。
○問い合わせ 「コンパス」 山崎(やまざき)
電話:048-958-2555



◇ボランティアセンターレポートのトップへ