三郷市ボランティアセンター

ボランティアセンターレポート

視覚障がい者外出サポートボランティア養成講座レポート

○ガイドヘルプ三郷・三郷市ボランティアセンター○

三郷市ボランティアセンターでは、ボランティアグループ「ガイドヘルプ三郷」のみなさんと協働して、平成24年1月24日(火)・2月1日(水)・2月7日(火)の3日間「視覚障がい者外出サポートボランティア養成講座」をおこないました。
この講座では、視覚障がい者のかたの外出支援の基本を学ぶため、「埼玉県総合リハビリテーションセンター」歩行訓練士の水田靖士氏を招き、講義やガイドの体験を行いました。
また最終日はバスで「イトーヨーカドー三郷店」に行き、バスの乗降や、店内でのガイド体験を行いました。

ペアでガイドの体験 アイマスクと白杖で文化会館の周辺を散策。

初日と最終日はあいにくの天候でしたが、参加者7名とボランティアグループ「ガイドヘルプ三郷」のメンバー9名が集まりました。
参加者は初めて使う白杖に、最初は戸惑った様子。ガイドをするかたのポイントを掴んだ声かけの大切さを感じたようでした。
最終日は、バス乗降やエスカレーター、エレベーターを体験。繰り返すことで少しずつコツを掴んだそうです。

バスの乗り降りは慎重に。

イトーヨーカドー三郷店内にて 声をかけあいながら一歩一歩。

今回を振り返り、参加者からは“はじめての体験で勉強になりました。”などの声がありました。
また最後に「ガイドヘルプ三郷」のメンバーから“当事者のかたと共に歩むことで得られる出会いがたくさんあります。ぜひ私たちと一緒に活動をしましょう。”とガイドヘルプボランティアの魅力を話していただきました。

視覚障がい者のかたが安心して外出をするために、側で支える人の存在は大きなものです。
街中で困った人を見かけたときには、一声かけてあげてみてください。
あなたにもできることがきっとあるはずです。

◇ボランティアセンターレポートのトップへ