三郷市ボランティアセンター

ボランティアセンターレポート


点字体験

○2010年彩の国ボランティア体験プログラムレポート第2弾○

点字サークル「ウィズ」

7月28日(水)瑞沼市民センターにて点字体験を行いました。
点字は、目の不自由な人が触覚で読む字で、6つの並んだ点(盛り上がり)によって文字や数字を表現します。

今回は小学生から大人までの6名が参加。点字サークル「ウィズ」の皆さんがマンツーマンで教えてくれて、みんな熱中して点字を打っていました。

点字のルール
△ 点字のルールを教えてくださっています。
点字体験の様子
△ よーく話しを聞いて、丁寧に取り組んでいます。

点字を打ち終えたときは、よーく見直しをして、間違いなくできていたら自然と笑顔がこぼれます。点字を打つことに集中をして休憩時間も一生懸命取り組んでいる子、「今後も点字をしてみたい」というかたもいらっしゃいました。

点字体験の様子
△ 「先生、できました! チェックをお願いします」
点字体験の様子
△ 今日の振り返りの場面。みんな良い経験ができたようです。

点字は覚えることも多いのですが、丁寧なご指導のもとで、貴重な体験ができたようです。



◇ボランティアセンターレポートのトップへ